未分類

インナーマッスル

投稿日:2019年10月29日 更新日:

インナーマッスルとはみなさん、どういうふうに捉えていますか?大体の方が体幹と答えますよね。

実はインナーマッスルとは赤筋繊維の事を指します。骨格筋には赤筋繊維、白筋繊維があって(混在している筋肉は省略)、それぞれ役割が違います。

それぞれの説明をしていきます。

白筋繊維とはいわゆるアウターを指します。役割としては動かす筋肉です。           

随意筋なので自分の意思で動きます。エネルギー源は糖質を使います。特徴はパワーは出るけど疲れやすい性質があります。そして鍛えるのをやめるとすぐ落ちます。

赤筋繊維とはいわゆるインナーマッスルです。役割としては支える筋肉です。

不随筋なので自分の意思では動きません。エネルギー源は脂肪を使います。特徴は持久力に富んでいるところです。インナーマッスルのいいところは鍛えるのをやめても落ちないところです。

なぜ落ちないのかというと、筋肉は使わないと退化してしまう性質がありますよね。例えば60キロのベンチプレスを持ち上げる力があればそれを定期的に持ち上げなければ上がらなくなります。

それに対してインナーマッスルは日常的に使っている状態なのでほぼ落ちません。ただ、ここで注意しておきたいのが普段背もたれにもたれかかって座っていたり、家でごろごろしているようでしたらどれだけ鍛えても落ちます。

インナーマッスルを鍛えつつ、それを使う習慣をつけないといけません。

たけ整骨院では、インナーマッスルを鍛える、楽トレがあります。

ただ単に、楽トレするだけではなく、患者様の生活習慣に沿ってアドバイスを行なっていきます。

インナーマッスルは1年で1%落ちます。つけるなら早い方がいいですので、最近疲れやすい、痛みが出やすい、太ってきたなどの症状が出てきたら早めにつけるべきです。

インナーマッスルは脂肪をエネルギーに変える働きがありますので、内蔵脂肪も減っていきます。内臓脂肪が減ると病気になるリスクが減ります。

インナーマッスルを付ける事で疲れにくく、痛みの出にくい体になり、健康になって痩せるといういい事だらけの結果になります。

寿命が伸びている昨今ですが、健康寿命はそのままなので、健康寿命を伸ばす必要があります。ぜひインナーマッスルをつけましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

なぜ、ブログを始めるのか

今や、世界的にインターネットの時代になりました。インターネットの普及により、様々な情報が溢れています。しかし、一昔前と違うのが、有益な情報が増えたという事です。一昔前は目の前の利益を優先して嘘の情報が …

no image

デスクワークによる肩こり

こんにちは、たけ整骨院です。 インターネットが普及してきて最も多い症状が肩こりではないでしょうか?座ってパソコン作業をする機会が増えていると思います。パソコン作業ではなくてスマホでも下を向く姿勢が増え …

インナーマッスルと噛み合わせ、虫歯、歯周病、顎関節症、知覚過敏の関係

こんにちは、たけ整骨院です。 おもしろいネタがあがりましたので、投稿します。 患者様を通して、治療の中でインナーマッスルを使えていない方に、顎関節症、歯周病、虫歯などが多いことに気づきました。つまり姿 …

花粉症改善にはインナーマッスル!?

こんにちは、たけ整骨院です。 仕事中、これまた、面白い気付きがあったのでご紹介します。 春になるにつれて、花粉症の方が多くなってきましたね。ちなみに私は全然大丈夫です コンタクトしてるので花粉が結構 …

no image

交通事故による首の痛み

こんにちは、たけ整骨院です。 今回は交通事故による首の痛みです。 車の運転中、もしくは停車中に思いがけない衝撃で首が降らるると、急激に首の筋肉が引っ張られることによって筋肉や、靭帯を痛めます。 交通事 …